新生銀行住宅ローンのメリットはどこにある?

住宅ローンで融資されている際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが新生銀行での住宅ローン借り換えを行った場合、控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付されます。

借り換え時に控除のメリットをフルに活用できるようにすることが重要なポイントとファイナンシャルプランナーの方も言っています。

控除をフルに活用するには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないようにしましょう。

ローン控除では1%の所得税が還付されることになるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払う金利が大きくなるからです。

住宅ローンを固定金利のフラット35で組んだ方の多くは全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識はありませんか?実は借り換え融資プランもあるので新生銀行での住宅ローン借り換えをフラット35同士で借り換えを行うとお得な場合も多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればお得になります。

ネット上で借り換えについて説明されているのは固定金利から低金利な変動金利に換えるケースが多いです。

変動金利の方が1%から2%低く設定されていることが多いのでそのまま低金利のままならお得になりますが、金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利から固定金利の場合では、金利変動リスクはありません。

住宅ローン借り換えに関して調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンを借り換えられないということです。

どんな場合にそういったことが起きるかというと転勤することになってローンが残っている住宅と転勤先の賃貸料の二重支払いになってきついので金利の低いローンに変更して支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ借り換え不可能かというと、住宅ローンという制度は自身が住むための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、他のローンなどを探しても借り換え前よりも良い条件のローンは見つからないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際など借り換えができません。

突然ですが皆さんは新生銀行での住宅ローン借り換えを行ったことがありますか?多くの人は経験していないと思います。

借り換えを行う時のために流れを確認しましょう。

まずはじめに行うのは、現在のローンを再確認することです。

銀行のwebサイトにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や諸費用の総額がいくらかをシミュレーションしてみましょう。

シミュレーション後は借入銀行選びです。

金利だけを見るのではなく、保証料なども見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合うローンが見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら条件のいい銀行を選びましょう。

皆さんは住宅ローンを組んだ際に頭金を支払いましたか?中には、頭金を用意しなかった人もいるかもしれませんがそうすると毎月の返済額が高くなるのが悩みどころです。

中には、毎月の返済額を減らそうと新生銀行での住宅ローン借り換えを検討する方もいると思います。

よく「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と考えている人もいるようですが審査に落ちることもあります。

どういったときに審査に落ちるかというと転職をして年収が下がってしまった場合や住宅ローン以外に車や教育ローンなど複数のローンを抱えている場合も危険です。

年収や職場が大きく変わっていなくてもこういった面で引っかかることがあります。

夢のマイホームを買う際に多くの人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が多くて困っている方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが新生銀行での住宅ローン借り換えをして利息を減らすことです。

ただ借り換えのメリットを受けたいということを考えると今借りているローンよりも金利が低く設定されている必要があります。

検討する際のメリットの計算方法に関しては各銀行機関でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

ただ、計算した際の注意点として、シミュレーションを使って20万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていて結果的にあまり得にならなかったということもあります。

住宅ローンが生活費を圧迫しているという人の中には新生銀行での住宅ローン借り換えを行なって利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

もし借り換えを行う場合は、新しい住宅ローンを探すことになりますが金利が低いだけというメリット以外も求めていますよね。

今のローンよりも金利が低いのは当然としてひとつは保証料がかからないことです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%」になると言われています。

例えば3000万円を30年ローンで返済する場合、保証料だけで60万円以上かかる計算になります。

「最も良い資産運用は繰上げ返済である」と言われるくらい大切です。

繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も少なくなっていきます。

毎月のローンの支払額を抑えようと思い、新生銀行での住宅ローン借り換えを考えることがあります。

引用:新生銀行住宅ローン借り換えの利息と諸費用を比較

では、その場合、今加入している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンを借り入れている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える時は別の保険に加入することもできます。

もし、特約火災保険を継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

なぜかというと火災保険は契約した後は保険金額が適切な金額で設定されている必要があります。

火災保険は契約したらほったらかしになりやすいので借り換えを機に見直してはいかがでしょうか。

多くの人が得すると言われる新生銀行の住宅ローン借り換えで消費用がいくらになるかですがローンの借り換えはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年から申し込みできる場合もあるようですが、フラット35の借り換えを利用する際の条件を例にすると、申込日前日までの1年間返済を問題なく続けている方という項目があります。

他の銀行機関もほぼ同様の審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料が必要になったり担保となる住宅が中古物件扱いになることから審査が通りにくい可能性はあります。

新規の借入時よりも今の金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年以上返済をした後に検討しましょう。

住宅ローンの返済は家計を圧迫すると聞きます。

今組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったらそちらに変えたいですよね。

ただ、低金利という部分だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは通常のローン借り換えとは違い登記をはじめ、いろいろな費用が発生しますので、費用を計算したら逆に損してしまうということもあります。

シミュレーション時にメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを行う判断基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収以上や50万円以上になった時です。

住宅を購入する際に利用したい住宅ローン控除ですが実は新生銀行での住宅ローン借り換えを行なった後でも要件を満たしていれば利用できます。

しかし、この制度を適用させるには勤め先で年末調整をしている方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告が必要です。

その際、必要書類が多いので前もって準備を始めましょう。

借り換え後も控除を受けられる条件としては、当初の住宅ローン返済のためという内容と借り換え後の返済期間が10年以上になっているかという点です。

基本的に借り換えを行う理由は借金を返すのが目的ではなく金利を見直すためなので状況がそんなに変わっていなければ適用されることが多いです。

1度組んだ住宅ローンを別のローンにする新生銀行の住宅ローン借り換えで消費用がいくらになるかですが1度審査に通ったから借り換えも大丈夫と楽観的に捉えている人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちることもあるんです。

基本的には職場や年収が変わっていなければ審査に通ることは多いようですがほぼ審査に通ると考えてもいいようですが転職した、年収が下がったという場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初のローン審査時よりも物件の担保評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

この場合は以前よりも年収に対してローン返済額が増えているので審査で引っかかる可能性があります。

様々なローンの利用を考える際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが金利固定か変動かの選択はないでしょうか。

金利だけを気にすると変動の方が低く設定されていることが多いですがしかし、変動というように半年ごとに金利が変わるので場合によっては、固定の時よりも高くなってしまうなど支払額が想定以上に上がる可能性があるなど計画が立てにくい面もあります。

新生銀行での住宅ローン借り換えを行う場合はおそらく変動を選ぶことになると思います。

固定では、ローンの返済期間中は同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても心配ないというメリットもあります。

他にその中間とも言える3年間、5年間などの固定期間選択制というものもあります。

今のローンよりも金利の低いローンを組む新生銀行の住宅ローン借り換えで消費用がいくらになるかですが、借り換え審査に際して色々と必要なものが多いです。

その際、必要な書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる課税証明書などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる土地公図などの書類になります。

勤務先・役所で取得する書類は用意しやすいですが登記簿謄本や売買契約書などは普段見慣れないのでわかりにくいのではないでしょうか。

金融機関によっては必要な書類が変わってくるのでもっと多くの書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

最近、ネットバンクなどを中心に非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、新生銀行での住宅ローン借り換えを考える人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦や親子でローンを組んでいる場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合に注意が必要かというと最初にローンを契約した時に夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済しているので借り換え時に単独名義になる時に発生します。

こういった連帯債務から単独債務への借り換えには金利以外の税負担が伴う可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの諸費用と税負担やかかる諸費用を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。